読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうびん

CHARGE(チャージ)症候群という先天的な疾病を抱えて生まれた裕(ゆう)と過ごす風景を書き連ねます。

たまには狂言

「たまには狂言が見たいわ」

ある日、妻がそう言いました。

私は能や狂言はテレビで見たことがあるくらい、実際に鑑賞したことはありません。
そんなたまに見たくなるものなんでしょうか。
わかりませんが、京都人の妻がそう言うので、今日は渋谷にあるセルリアンタワー能楽堂に出かけてきました。

ちょうど親子でたのしむ狂言の会があり、正面3列目の席を予約することができました。

oyako-kyogen.seesaa.net

演目は、「盆山(ぼんさん)」と「蝸牛(かぎゅう)」の2つ。
それにワークショップもあって、初めて狂言を見る子どもや大人のために、解説してくれます。

私は、能楽堂狂言を観るのは初めてでしたので、ワークショップのおかげで基本的な見方を知ることができました。

子どもが声を出したり、泣いたりしてもかまわない、と話があったので、本当に気軽に狂言を楽しみました。

ゆうは、笛の音にとても驚きつつ、真正面で繰り広げられる演者の動きに、目を奪われていました。
また観たい、と言ってくれるかな。

たまには狂言に来よう(笑)

f:id:xh123:20161008235138j:plain 

f:id:xh123:20161008235253j:plain

f:id:xh123:20161008235325j:plain