読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうびん

CHARGE(チャージ)症候群という先天的な疾病を抱えて生まれた裕(ゆう)と過ごす風景を書き連ねます。

きゅっとする

先週、妻に、小さい頃、胸がきゅっとした事は何だ?と突然尋ねられました。
うーん、ミニカーとか鉄道かなと答えたんですが、「きゅっとした事を思い出して、もう一度やろう」と言い出しました。

ゆうは、家にあるたくさんの絵本(ほとんどが頂き物、ありがたいことです)の中から、自分で読みたい本を選んで持ってくるのですが、最近はファンタジーな内容がお気に入りのよう。
例えば、主人公がぬいぐるみのクマと同じ大きさになり、お菓子の家に行ったり、空を飛んだりするストーリー、ゆうは毎回小さな歓声をあげ、手足に力を入れて読んでいます。
妻はその姿を見て、自分が小さい頃、おやゆびひめのお話が大好きだった、その気持ちがよみがえってきたそうです。
ちなみに私は、
「さむがりやのサンタ」

www.ehonnavi.net

が大好きで、ずいぶん長いこと手元に置いて読んでましたねえ。

あの頃の自分がわくわくしていた事を思い出し、もう一度子どもと体験してみる。
なかなかすてきなアイデアですね。

というわけで、鉄道とおやゆびひめを合わせたら、こんな絵本が出来上がりました。ミニサイズのゆうが登場、きゅっとするのか?(笑)

f:id:xh123:20151102215737j:plain

f:id:xh123:20151102215301j:plain