読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうびん

CHARGE(チャージ)症候群という先天的な疾病を抱えて生まれた裕(ゆう)と過ごす風景を書き連ねます。

今日、パパと呼ばれる

今日、ゆうがはじめて、声を出してパパと言いました。
私がトイレにこもっていた時、手話で「パパ」とサインしながら私を探し、「パパ」と声に出して言ったそうです。
残念ながら私はよく聞こえませんでしたが、妻と私の両親がその言葉を聞いていました。
それから、ゆうは「パパ」「ママ」の手話をしながら、声に出して「パパ」「ママ」と何度もうれしそうに言いました。
手話と音、それぞれの言葉の意味する事が同じだとはじめて気付いたゆうは、きっと驚きだったに違いありません。

ありがとう、ゆう。

 

f:id:xh123:20151011224702j:plain

 風呂上がりのするめと消防車と